治っていく人の特徴


治っていく人、またカウンセリングを受けて改善が早い人の特徴はごくシンプルです。(YouTubeやブログ、Twitterなどでお話している内容についても同じです)



◉カウンセリング内容をノートに取っている人。


◉見返し、読み返しをして復習をしている人。


◉覚書をしたメモをいつも持ち歩いている人。



私のカウンセリングを受ける時は、必ずノートを用意してもらっています。


書き方はまず、小さなメモ帳ではなく、大きめのノートに大きめの字で、お話したこと、理解したことを書いてください。


カウンセリングの時間は限られていますので、綺麗な字で一字一句書き残すのは不可能なので、ざっと書いておきましょう。


そして後で、小さめのノートに転記して下さい。あまり時間を空けないことが大切です。


そのノートは日頃持ち歩く、覚書ノートにしてもらって構いません。


この転記作業は面倒かもしれませんが、写しなおしは、復習の効果にもなりますから、どうか面倒がらずにやってみてください。


ノートの役目は単なる記録ではありません。それらは日々見返したり、事が起きたときの答え合わせとして使っていきます。


人は忘れます。また罠にもハマりやすく、そして知らぬうちに自分の解釈で間違った理解に進んでしまうものです。


ノートへの記入、そして見返し。

これは「不安のメカニズム」を日常繰り返して読む事と同時に行っていくべき基本中の基本です。


治っていく人はシンプルにこれをやっています。

くれぐれもカウンセリングの時間をただ聞いて終わりにしないように心がけてください。